入学試験

8月と2月に入試を実施しています。概略はこちらをご覧ください: 環境科学専攻入試 / 持続環境学専攻入試
その他に、英語プログラム入学者のための入試も実施しています。
入試の正式・詳細な情報は, 筑波大学大学院募集要項のページを御覧ください。


早く学位をとりたい方には …

あなたの努力次第で, 標準修了年限(博士前期課程は2年, 博士後期課程は3年)よりも短い期間で修了することができます。詳しくはこちらをご覧下さい。社会人の方も, 休職や退職することなく, 1年間で博士号をとることが(努力次第で)できます。


経済支援が必要な方には…

成績や経済状況などにより支援が必要・妥当な学生は, 授業料免除や奨学金制度、緊急支援制度を利用できます。フィールド調査や短期留学のための支援制度も整備されています。詳しくは、全学ホームページ内の「奨学制度・修学支援」をご覧下さい。


教育・研究を手伝って対価を得られる, ティーチングアシスタント(TA)・リサーチアシスタント(RA)制度

ティーチングアシスタント(TA)とは, 上級学生が下級生対象の授業について行うアシスタントです。環境科学専攻(博士前期課程)の学生は, 筑波大学の学群・学類(他大学の学部に相当)のTAを勤めることができます。持続環境学専攻(博士後期課程)の学生は, それ(学群・学類のTA)に加えて, 博士前期課程のTAを勤めることができます。
リサーチアシスタント(RA)とは, 博士後期課程の学生が, 指導教員等の研究について行うアシスタントです。
TA, RAともに, 勤務時間に応じた対価を得ることができます。また, これらの制度を通じて、学生は教育者・研究者としての経験を積むことができます。
本専攻では、TA・RA制度を積極的に活用し、学生の専門性育成、経済的支援、授業の充実に努めています。


充実した留学生対応

本専攻では、様々な国から多くの留学生が学んでいます。留学生が安心して日本で勉強できるような体制を構築しています。

  • 留学生支援オフィス

    … 英語・日本語対応の留学生支援オフィスを構えています。専門スタッフが修学上・生活上の相談に対応しています。

  • チューター制度

    … 新規留学生は最大1年間、日本人学生チューターから学業面・生活面での支援を受けることができます。日本人学生は留学生のチューターを勤めることで対価が(大学から)支払われ, また, 一生続く(外国の)友人ができるでしょう!

  • 留学生センター

    … 筑波大学の留学生センターでは、海外からの留学生と, 海外へ留学する筑波大生を支援しています。トラブルや心配事の相談対応のほか、国内旅行、ホームステイ、パーティーなどの交流イベントを多数実施しています。詳しくは、筑波大学留学生センター(International Student Center)ホームページをご覧ください。


よくある質問

SUSTEPとはなんですか? … 英語だけで修了できるプログラムです。以前にあったいくつかのプログラム(ICEP, EDL, G30)を発展的に統合・解消して作られたのがSUSTEPです。授業と修士論文を全て英語でこなします。大学公認の証明書がもらえます。外国人も日本人も参加できます。入学後に参加を決めてもOKですが、必要な履修の作戦を立てるには、入学前から考えておく方が良いでしょう。SUSTEP単体での経済的支援はありません。

JDSとはなんですか? … 外国人のみを対象にした、JICAとの共同プログラムです。学生は特定の国に限定され、入試も特別な方法で行われます。残念ながら日本人学生は参加できませんが, このプログラムで様々な国から来る留学生と友達になれますよ!

入学金や授業料はいくら?こちらのページを見てください。入学金免除の制度もあります(入試の成績で決まります)。授業料免除の制度もあります。また, 筑波大学内の博士前期課程(修士課程)から博士後期課程に進学する場合, (例えば環境科学専攻から持続環境学専攻)は、入学金は免除です。

教員リストが見づらいです。興味のある分野の先生が探しにくいです … なるほど。しかし、私たちは、様々な分野が横断的・融合的につながることが大事だと考えており、あえて分野をわけずに、教員リストを出しています。この機会に、いろんな教員の情報を見てみるのも、いいのではないでしょうか?

私は社会人なので, 早期修了制度で早く博士号をとりたいのです! 本当に1年で博士号がとれるのですか? … 実際に1年で博士号をとった人はいますよ。受け入れ教員としっかりコミュニケーションをとって、しっかり作戦を立てることが大切です。また, 査読付きの主著者論文を揃えることが, 最初のハードルでしょうか。

他の専攻とここのどちらを受けるか、迷っています。同じ先生が両方にいるので … まずその教員に相談しましょう。専攻によって、指導方針に特色があります。私たちは、分野横断的専攻なので、たくさんの授業で様々な先生の話が聞けます。幅広い視野が欲しい人にはぴったり! でも裏を返せば、授業の負担が若干多い、と感じられるかもしれません。でもその授業であなたの人生が変わるかも!!

実際、どういう受験勉強をすればいいのでしょう? … まず, 指導を受けたい先生にコンタクトし、しっかり打ち合わせすることです。複数の先生にコンタクトしてもいいのですよ。そして、環境科学専攻で学びたいこと/やりたいことを整理して面接に望みましょう。今4年生なら、卒業研究をしっかりやりましょう。どんなテーマでも、しっかり研究すれば、環境科学専攻では必ず役立つでしょう。

先生にコンタクトするのに躊躇します … 大丈夫! 教員の写真を見てください! みんな微笑んでいるでしょ? あなたのコンタクトを待っているのです。迷ったら, どの教員にコンタクトしてもOKです。コンタクトした教員が、よりあなたに向いた教員を紹介するということもあり得ます。また, 入学後は, その教員以外の教員の研究室に入ってもよいのです(修士課程の場合)。

英語と面接だけで入試するのは大丈夫ですか? 学力をきちんと見てもらえてるのでしょうか? … 当専攻は、入試前の、教員とのコンタクトと打ち合わせを重視しています。そこできちんと相談し, 研究計画を書くことができるかどうかが, 学力を反映するのです。