氏名 甲斐田 直子
職位 助教
所属 システム情報系 社会工学域
指導対象 Master/Doctor(*)
居室
Email naoko.kaida@sk.tsukuba.ac.jp
電話番号
専門分野 環境経済学、環境政策論、環境心理学、環境配慮行動分析
略歴 2004/04-2005/03 広島大学大学院国際協力研究科 日本学術振興会特別研究員(DC)
2005/04-2006/03 独立行政法人国立環境研究所 循環型社会形成推進・廃棄物研究センター 日本学術振興会特別研究員(PD)
2005/05-2006/10 ストックホルム環境研究所(スウェーデン)政策・制度研究プログラム 客員研究員
2007/05-2007/11 名古屋大学大学院環境学研究科 研究員
2007/12-2008/09 名古屋大学大学院環境学研究科 助教
2008/10-2011/03 名古屋大学大学院環境学研究科(国際環境人材育成プログラム) 特任准教授
2011/04- 筑波大学大学院システム情報工学研究科 助教(現職)
研究テーマ ・環境配慮行動分析
エネルギー消費や環境保全に関する価値観、認識および行動を分析し、社会システムにおける動機付けのメカニズムを解明する。

・アジア諸国における環境管理能力の形成と国際環境協力
東南アジアを中心に各国における環境管理能力の形成過程の社会・制度的側面を分析し、二国間協力、域内南々協力等の多様な国際環境協力の効果的実施を検討する。
研究業績 1.松岡俊二・本田(甲斐田)直子,ODA事業評価における専門性と総合性―DAC5項目の具体化を中心に―,国際開発研究,第10巻第2号,pp. 49-70,2001年.
2.松岡俊二・白川博章・本田(甲斐田)直子・竹内憲司・松本礼史,東アジアにおける環境政策の効率性評価に関する研究:マレーシア・クアラルンプール・広島市を例に,東アジアへの視点(国際東アジア研究センター誌),2002年9月号,pp.46-56,2002年.
3.松岡俊二・本田(甲斐田)直子,環境援助における能力開発とは何か―環境管理能力の形成(CDE)のレヴュー―,国際開発研究,第11巻第2号,pp.149-172,2002年.
4.松岡俊二・岡田紗更・木戸謙介・本田(甲斐田)直子,社会的環境管理能力の形成と制度変化,国際開発研究,第13巻第2号,pp.31-50,2004年.
5.本田(甲斐田)直子,日本の大気汚染における社会的環境管理能力の役割―都道府県別パネルデータによる実証分析―,環境情報科学論文集18,pp.331-336,2004年.
6.Kaida, N. and Matsuoka, S. (2007). Interdependency of the economy, environment and government capacity: examining the structure of Japan’s environmental problems in the 1980s and 1990s. Journal of Environmental Information Science, 35(5): 1-11.
7.Kaida, N., Shirakawa, N., and Matsuoka, S. (2008). A factor analysis approach toward the effects of risk perceptions on the value of a statistical life: air pollution-associate risk and traffic accident risk. Journal of Environmental Information Science, 36(5): 1-11.
8.Kaida, N. and Dang, N. A. (2014). Economic valuation of the Nha Trang Bay Marine Protected Area: A willingness to pay survey on the conservation programs. Journal of Environmental Information Science, 42(5): 33-40. http://www.ceis.or.jp/search/entries/article/3/42/10181
9.Kaida, N. and Kaida, K. (2015). Spillover effect of congestion charging on pro-environmental behavior. Environment, Development and Sustainability, 17: 409-421. http://doi.org/10.1007/s10668-014-9550-9
10.Miah, M.T. and Kaida, N. (2015). Evaluating potential benefits of welfare packages for development-induced involuntary resettlement in Bangladesh. Journal of Sustainable Development, 8(1): 203-217. http://doi.org/10.5539/jsd.v8n1p203
11.Kaida, N. and Miah, M.T. (2015). Rural-urban perspectives on impoverishment risks in development-induced involuntary resettlement in Bangladesh. Habitat International, 50: 73-79. http://doi.org/10.1016/j.habitatint.2015.08.008
12.Kaida, N. (2015). Explaining pro-environmental behavior by a relative sense of place attachment to neighborhood and city. Journal of Human Environmental Studies, 13(1): 71-75. http://doi.org/10.4189/shes.13.71
13.Kaida, N. and Kaida, K. (2016). Pro-environmental behavior correlates with present and future subjective well-being. Environment, Development and Sustainability, 18:111-127. http://doi.org/10.1007/s10668-015-9629-y
14.Kaida, N. and Dang, N.A. (2016). Tourists’ perception of marine ecosystem conservation in the Nha Trang Bay Marine Protected Area, Vietnam. TROPICS, 24(4): 187-194. http://doi.org/10.3759/tropics.24.187
15.Kaida, N. and Kaida, K. (2016). Facilitating pro-environmental behavior: The role of pessimism and anthropocentric environmental values. Social Indicators Research, 126: 1243-1260. http://doi.org/10.1007/s11205-015-0943-4
指導科目(専攻内) (博士前期課程環境科学専攻)環境政策概論
指導科目(専攻外) (社会工学類)都市環境評価論
TRIOS http://www.trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000003031
研究室1 環境経済・政策学研究室
研究室1 URL http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~naoko.kaida
研究室2
研究室2 URL