氏名 末木 啓介
職位 教授
所属 数理物質系 化学域
指導対象 Master
居室
Email
電話番号
専門分野 無機化学(核・放射化学)
略歴 昭和50年(1975)3月 長野県蘇南高等学校普通科 卒業
昭和50年(1975)4月 信州大学理学部化学科 入学
昭和54年(1979)3月 同大学 卒業
昭和54年(1979)4月-昭和55年(1980)3月 信州大学理学部研究生
昭和55年(1980)4月 東京都立大学大学院理学研究科化学専攻修士課程 入学
昭和57年(1982)3月 同修士課程 修了
昭和57年(1982)4月 東京都立大学大学院理学研究科化学専攻博士課程 入学
昭和60年(1985)3月 同博士課程 単位取得退学
昭和60年(1985)4月-12月 東京大学原子核研究所 核研研究員
昭和61年(1986)1月 東京都立大学理学部 助手
平成9年(1997)4月 東京都立大学大学院理学研究科 助手(改組による)
平成14年(2002)3月 筑波大学化学系 助教授
平成15年(2003)4月 筑波大学アイソトープセンター 専任
平成16年(2004)4月 筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻 助教授
           筑波大学研究基盤総合センター・アイソトープ部門 専任
平成18年(2006)4月 筑波大学アイソトープ総合センター 専任
平成22年(2010)4月 筑波大学大学院生命環境科学研究科環境化学専攻 併任
研究テーマ 放射性同位体を用いた超重元素科学から地球・環境科学まで幅広く研究を進めています。
研究業績 1. Neutron one-quasiparticle states in 251Fm151 populated via the α decay of 255No, Phys. Rev. C, 83, 014315(12), 2011
2. Extraction Chromatographic Behavior of Rf, Zr, and Hf in HCl Solution with Styrenedivinylbenzene Copolymer Resin Modified by TOPO (trioctylphosphine oxide). J Nucl. Radiochem. Sci., 11, 7-11,2010
3. Evolution of solution dolines inferred from cosmogenic 36Cl in calcite. Geology, 38, 1039-1042, 2010
4. Denudation rates of carbonate pinnacles in Japanese karst areas: estimates from cosmogenic 36Cl in calcite. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B, 268, 1205-1208, 2010
5. Status and research programs of the multinuclide accelerator mass spectrometry system at the University of Tsukuba.Nucl. Instr. Metod. B, 268, 871-875, 2010
指導科目(専攻内) 環境分析化学
環境科学演習・A
環境科学特別演習・A~D
環境科学特別研究・A~D
指導科目(専攻外) 無機・分析化学実験
放射化学
化学結合論
機能物質化学特論
機能物質化学特論
Advanced Experiments in Nano Chemistry Ⅰ
Advanced Experiments in Nano Chemistry Ⅱ
Seminar in Nano Chemistry Ⅰ
Seminar in Nano Chemistry Ⅱ
化学セミナーⅠ
化学セミナーⅡ
放射化学セミナーⅠ
放射化学セミナーⅡ
放射化学特別実験Ⅰ
放射化学特別実験Ⅱ
放射化学特別実験Ⅲ
放射化学特別実験Ⅳ
放射化学特別実験Ⅴ
TRIOS http://www.trios.tsukuba.ac.jp/Profiles/0003/0000448/profile.html
研究室1 末木研究室(放射化学、同位体化学)
研究室1 URL http://www.ri-center.tsukuba.ac.jp/~ksueki/index1.html
研究室2
研究室2 URL