氏名 藤川 昌樹
職位 教授
所属 システム情報系 社会工学域
指導対象 Master/Doctor
居室
Email fujikawa@sk.tsukuba.ac.jp
電話番号
専門分野 建築史・意匠, 都市計画・建築計画, 日本史
略歴 1990年 4月 神戸芸術工科大学助手
1994年 7月 筑波大学講師社会工学系
2003年 3月 筑波大学助教授社会工学系
2003年 9月 ハーヴァード大学客員研究員(ライシャワー研究所)
2007年 4月 筑波大学大学院システム情報工学研究科教授
2007年 4月 東京大学大学院非常勤講師
2009年10月 千葉大学非常勤講師
2011年10月 筑波大学システム情報系社会工学域教授
2013年 4月 筑波大学大学院システム情報工学研究科社会システム工学専攻長
2014年 4月 同 社会工学専攻社会工学学位プログラム・プログラムリーダー
研究テーマ 前近代の日本及びアジアの都市・村落で形成された居住環境の秩序を、主として住居・住居集合形態と社会構造との関係に注目して解明する。この作業を通して居住環境の保全の指針を探る。
研究業績 1)作事記録研究会編『大名江戸屋敷の建設と近世社会』(中央公論美術出版、2013年12月)
2)作事記録研究会編『萩藩江戸屋敷作事記録』(中央公論美術出版、2013年1月)
3)野村俊一・是澤紀子編『建築遺産 保存と再生の思考』(東北大学出版会、2012年3月)
4)建築史楽会編『日本建築100の知識』(彰国社、2009年1月)
5)北京四合院研究会編『北京の四合院』(中央公論美術出版、2008年2月)
6)藤川昌樹「高野山の山内空間と建築」(『高野山と密教文化』pp.106-117、小学館スクウェア、2006年9月)
7)河東義之・藤川昌樹編『真壁の町並み』(桜川市教育委員会、2006年3月)
8)藤川昌樹・平山育男・御船達雄「紀伊国伊都郡橋本町の町並みの構成とその形成過程」(『日本建築学会計画系論文報告集』581、pp.219-225、2004年7月)
9)安藤邦廣・藤川昌樹編『つくばの民家』(つくば市教育委員会、2002年3月)
10)藤川昌樹『近世武家集団と都市・建築』(中央公論美術出版、2002年2月)
指導科目(専攻内) 環境計画史
環境科学演習・A
環境科学特別演習・A~D
環境科学特別研究・A~D
持続環境学特別演習ⅠA~C
持続環境学特別演習ⅡA~C
持続環境学特別演習ⅢA~C
持続環境学フォーラムⅢ
指導科目(専攻外) 都市形成史
都市計画の歴史
まちづくりと空間設計の歴史と思想
住環境計画実習
設計演習II
TRIOS http://www.trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000000859
研究室1 都市ストック評価研究室
研究室1 URL http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~tj330/Labo/fujikawa/index.html
研究室2
研究室2 URL